ページを選択

頚椎症性脊髄症

頚椎症性脊髄症とは 頚椎症性脊髄症というと、難しい病気のように聞こえますが、実際はそんなに複雑 なことではありません。要は、変形した脊椎の骨で脊髄が圧迫されることによって起きる 病気です。 脊髄というのは、手足に行く神経の束ですから、それが圧迫されると手足に症状がでます。 神経には、筋肉を動かす運動神経と、手足の感覚を脳に伝える感覚神経がありますから、 運動と感覚の療法の症状がでます。 具体的には、徐々に歩きにくくなって、歩行がふらつく、両手がしびれる、手で細かい作...

頚椎椎間孔狭窄症ー頚椎症の盲点

頚椎椎間孔狭窄症とは、通常の頚椎症とは異なり、頚椎から神経が出てくる穴(椎間孔)の部分が加齢などの原因で狭くなり、神経が圧迫される病気です。通常の頚椎症に比べて診断が難しく、放置されてしまうケースをしばしば目にします。 症状は、肩や腕に放散する強い痛みやしびれで、ひどい場合には、筋力の低下を伴います。安静や鎮痛剤の服用でも症状が軽快せず、日常生活が障害される場合には、手術が必要になります。   頚椎のCTスキャン断面。矢印が、両側の椎間孔です。...
Close Bitnami banner
Bitnami