ページを選択

先週、椎間孔狭窄症の患者さんの手術をしました。患者さんは77歳の女性で、長年腰痛に苦しんでおられ、腰痛のために長距離の歩行ができず、生活に支障がある状態でした。いくつかの有名病院を受診されていましたが、診断がつかず、私のところに来られました。

腰椎MRIを、私のところで工夫した、特別なシークエンスで撮影したところ、腰椎の椎間孔狭窄症が疑われました。さらに、神経根ブロックで診断を確定し、最終的に、手術をお勧めすることができました。

腰椎椎間孔狭窄症は、下肢の症状があることが多いのですが、私の経験では、腰痛だけの場合も多く、その場合は診断が困難になります。外科医によっては、腰痛だけでは手術をしてはいけないと考える場合もあります。

私は、10年以上、椎間孔狭窄症の手術治療を研究してきました。その結果、現在では、診断と治療において、誰にも負けないという自負を持っています。専門医といえども、かならずしもこの疾患を診断、治療できるとは限らないということは、この患者さんの場合にも証明されていますが、同様なケースは、過去にも複数回経験しています。

さて、この患者さんですが、幸いなことに手術はとてもうまくいき、手術後に腰痛は著明に改善しました。翌日から歩行を開始し、腰を前かがみにしていた姿勢も、手術後は、腰がまっすぐな、良い姿勢になっています。手術結果にとても満足されており、少しリハビリをして、週末には自宅に退院される予定です。

手術には、顕微鏡を用います。5cmくらいの皮膚切開で、椎間孔に達し、ソノペットという、超音波骨メスを用いて、神経を圧迫している骨を慎重に削除します。実際に削除される骨の量は、小指の先程度ですので、脊椎の安定性に影響を及ぼすことはありません。

この方法で、過去100例以上の椎間孔狭窄症を手術してきました。全体に成績はとても良好で、長期間にわたって、改善が維持されています。下は、80名の患者さんの追跡調査の結果です。SF-36という、生活の質を測定するアンケートの点数をグラフにしていますが、手術直後から著明に改善し、効果が5年間維持されていることがわかります。

このような方法を使えば、腰椎を固定する必要性はありません。多くの施設で、たくさんの腰椎固定術が行われています。しかし、本当にそのような手術がよいかどうかは、医師の間でも、疑問を持つ人は少なくありません。一度、固定をしてしまえば、それを元に戻すことは不可能です。私のところにも、他院で腰椎の固定をされて、その隣接椎間の変性が原因で、ひどい腰痛を起こした方が多くいらっしゃいます。原因を特定して、除圧術を行うことで、症状を改善することはできるのですが、一度固定してしまった骨を元に戻すことはできません。腰椎の固定術は、慎重にお考えになることをお勧めします。

Close Bitnami banner
Bitnami