ページを選択

頚椎椎間孔狭窄症とは、通常の頚椎症とは異なり、頚椎から神経が出てくる穴(椎間孔)の部分が加齢などの原因で狭くなり、神経が圧迫される病気です。通常の頚椎症に比べて診断が難しく、放置されてしまうケースをしばしば目にします。

症状は、肩や腕に放散する強い痛みやしびれで、ひどい場合には、筋力の低下を伴います。安静や鎮痛剤の服用でも症状が軽快せず、日常生活が障害される場合には、手術が必要になります。

 

頚椎のCTスキャン断面。矢印が、両側の椎間孔です。

この病気の最大の問題は、診断が難しいところです。私も、脊椎関係の手術を専門にするようになってから、20年以上になりますが、この病気の診断には注意を要します。

何故診断が難しいかというと、病変が小さく、通常のMRIの解像度では、椎間孔で圧迫された神経を、はっきりと確認することが難しいためです。頚椎症が疑われた場合、頚椎のMRIを撮影しますが、通常は、スクリーニングといって、一般的な頚椎症が診断しやすいような撮り方をします。しかし、この撮り方だと、椎間孔が撮影範囲からはずれてしまうこともよくありますし、撮影面の厚みが厚すぎて、椎間孔がよく観察できません。

頚椎の椎間孔をよく観察するためには、撮影面の厚さを1mm程度に薄くして、連続した断面を撮影し、よく観察することが必要です。それでも、診断には、熟練を要します。

しかし、幸いなことに、診断さえ正確につけることができれば、手術をすることで、症状を劇的に改善することができます。手術には、前方からアプローチして除圧を行う方法と、後方からアプローチして除圧を行う方法がありますが、症例に応じて選択しています。詳しい手術法に関しては、また、稿をあらためて説明したいと思います。

Close Bitnami banner
Bitnami